増額はできる?銀行カードローンの審査に通る方法

銀行カードローン審査は増額可能ですか?

足

銀行カードローン審査【借り入れ限度額】

銀行カードローンを新規で申し込む際には、必ず審査という工程を経ます。

 

審査の内容や基準は明らかにされていませんが、カードローンを申し込んだ人の返済能力や信用性を評価する目的で実施されます。

 

ですから、「いくら貸してください」という希望限度額は低いほど審査に通過しやすくなるのです。

 

審査する側の銀行や保証会社も初対面の人を評価するのですから、100%の正確な審査は行えません。

 

従って、「この人には、いくらまでなら大丈夫そうだ」という見込みで融資するので、過大な金額まで貸し出すことはありません。

 

新規の申し込みで認証される利用限度額は、現在の自分が利用できる最低レベルだと考えて良いと思います。

 

銀行カードローン最高限度額の借り入れは?

銀行カードローンに限ったことではありませんが、カードローンには最高限度額が設定されています。

 

これは、「この商品(カードローン)では、最高の信頼度がある人にはいくらまで貸せますよ」という融資限度額のことです。

 

三井住友銀行カードローンの場合は800万円、みずほ銀行カードローンは1,000万円、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは500万円など、銀行によって金額は様々ですが、余程の高収入な人でない限りは新規の申し込みで最高限度額まで希望する人はいないでしょう。

 

銀行カードローン審査【増額できる?】

新規契約後に、いきなり契約限度額の増額を申請しても認められることはありません。

 

限度額を増額できる人は、ある程度の利用実績を積み重ねた人が対象になります。

 

「ある程度」の程度は、銀行によって規定が異なります。

 

「新規申し込み後6か月以降」というように明文化されている銀行もありますし、漠然と「お問い合わせください」としている銀行もあります。

 

増額申請の手順は、銀行へ連絡をして依頼するのが通常ですが、まれに銀行から増額を勧められることもあるようです。

 

利用状況が「優良」と判断された人に限ると思いますけどね。

 

銀行カードローン増額する?しない?

契約限度額は、可能ならば増額することをオススメします。

 

これは、単純に借りられる金額が増えるというだけではありません。

 

契約限度額は、銀行から見れば「カードローン利用者のランキング」なのです。

 

カードローンの金利は、契約限度額によって決まります。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の場合は、金利は年1.8%から14.6%で融資額は10万円から500万円です。

 

カードローンの金利は借入する金額で決まるのではなく、契約限度額によって決まります。

 

つまり、金利1.8%が適用される人は契約限度額が500万円の人で、14.6%の人は10万円の人ということなのです。

 

従って、契約限度額は可能な限り増額しておいたほうが有利と言えるのです。

銀行カードローンおすすめはこちら!