銀行カードローン審査総量規制は大丈夫?対象外?

クローバー

銀行カードローン審査【総量規制とは?】

総量規制は2010年6月に施行された「改正貸金業法」で定められた規制です。

 

その内容は、「収入1/3を超える融資を禁止する」というもので、安易に借り入れができる消費者金融などからの「借りすぎ」を防ぐために制定されました。

 

年収の1/3という金額は、複数の借り入れをしている人はその合計金額が適用されます。

 

つまり、3社から30万円ずつ借りている人は、90万円の借り入れということです。

 

ですから、年収が300万円の人が新たに借り入れようと思った場合、10万円までしか貸してもらえないことうことなのです。

 

又、この規制により賃金を得るための労働をしていない「専業主婦」などの人は、収入が0円なので実質的に借り入れができなくなってしまいました。

 

銀行カードローン審査【クレジットカードも注意!】

総量規制は、カードローン以外にクレジットカードのキャッシング枠も算入されるので注意が必要です。

 

さらに注意することは、クレジットカードのキャッシング枠は1円も借りていなくても限度額一杯まで借り入れをしていることになる点です。

 

つまり、キャッシング枠50万円のクレジットカードを2枚持っているだけで100万円を借りている計算になるのです。

 

ですから、年収300万円の人は、この時点で総量規制の限度枠に達しているのでカードローンに申し込むことはできません。

 

銀行カードローン審査【総量規制対象外!】

さきほども申し上げましたように、総量規制は「改正貸金業法」で定められた規制です。

 

貸金業法は消費者金融カードローンやクレジットカードのキャッシング枠に適用される法律なので、規制を受けるのは「アコム」や「プロミス」「アイフル」「モビット」などの金融会社です。

 

では、銀行カードローンは総量規制の影響はどうなのでしょうか?

 

銀行カードローンは「銀行法」という法律で規制されています。

 

従って、銀行カードローンは総量規制の影響は受けません。

 

つまり、対象外ということです。

 

ですから、銀行カードローンは年収300万円の人でも審査に受かれば100万円以上の借り入れができるのです。

 

銀行カードローン審査と保証会社

総量規制が導入されてから経営が困難になり、銀行グループの傘下に入る消費者金融が数多くみられました。

 

それらの金融業者はカードローンのノウハウを生かして、銀行カードローンの保証業務を担当することが多いです。

 

三菱東京UFJ銀行だと「アコム」、三井住友銀行は「SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)」。みずほ銀行は「オリエントコーポレーション(オリコカード)」というように多くの例があります。

 

これらの保証会社は消費者金融や信販会社なので総量規制を心配する人もいるようですが、実際に融資するのは銀行なので総量規制の対象外です。

 

しかし、アコムやプロミスでカードローンを利用したり、オリコカードでキャッシングをすると総量規制の対象になるので、ご注意ください。

銀行カードローンおすすめはこちら!