銀行カードローンの審査の基準は?

銀行カードローン審査はどういったことをするの?

イヤホーンマイク

銀行カードローン審査基準は?

銀行カードローンは、インターネットから申し込めますが、各銀行の申し込みページには、年収と現在勤務している会社の勤続年数、そして、他社からの借入額を記入する項目などがあります。

 

銀行カードローンは、低利息、高額融資を可能にしてくれるので、年収が高いことはもちろんのこと、勤続年数も重視するようです。

 

勤続年数が長ければ、申込者が転職して年収が変わってしまったり、次の仕事を探すまでに収入が途絶えて、支払いが難しくなるリスクが低いと考えるからなんです。

 

したがって、転職したばかりで2ヶ月程度しか今の会社に在籍していない、といった方は、融資額が抑えられてしまうかもしれません。

 

でも、審査はほかの項目と合わせて総合的に行われるので、あきらめないでくださいね!

 

他社からの借入額は、年収以上に厳しくチェックされます。

 

これに含まれるのは、他の銀行ローン、クレジットカードのキャッシング、カードローン会社や消費者金融からの借り入れ、そして、住宅ローンや自動車ローンなどです。

 

年収からこうしたローンの総額を引けば、その人の返済能力が算出されますが、キャッシングや消費者金融からの借入件数が多いと、マイナス評価になる可能性があります。

 

銀行カードローン審査【在籍確認電話】

クレジットカードや消費者金融で融資を申し込むと、ほとんどの場合、審査担当者が個人名で申込者の勤務先に電話をかけ、本当にその会社に勤務しているか確認する「在社確認」が行われます。

 

銀行カードローンにも、この在社確認があります。

 

この電話は、

 

「●●と申しますが、■■さんはいますか?」

 

といった感じで、知人が会社に電話してきたように行われるので、特に、心配することはないでしょう。

 

こうした項目の他には、現住所、身分証明書の確認や、過去に支払いの遅延の遅延がないかということなどが審査項目になっています。

銀行カードローンおすすめはこちら!