銀行カードローン審査借り換えは厳しい?

女性

銀行カードローン借り換えとは?

借り換えとは、現在借り入れているカードローンの残高を別のカードローンから借り入れて一括返済することです。

 

借り換えをする目的は、現在借り入れているカードローンの金利よりも低い金利のカードローンから借り入れができた場合に実施することにより、トータルで支払う金利を抑えることにあります。

 

銀行カードローン借り換えおすすめ!

現在、消費者金融カードローンを利用している人は、銀行カードローンに借り換えた方が良いでしょう。

 

消費者金融カードローンは、審査のハードルは低いのですが金利が高めなことが難点です。

 

具体例をかげますと、消費者金融大手のアコムの金利は「年3.0%〜18.0%」、プロミスは「年4.5%〜17.8%」、アイフルは「年4.5%〜18.0%」です。

 

これに対して銀行カードローンは、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」が「年1.8%〜14.6%」、みずほ銀行カードローンは「年3.5%〜14.0%」、イオン銀行では「年3.8%〜13.8%」と言うように、いずれも消費者金融カードローンよりも低い金利に設定されています。

 

これだけでも、消費者金融カードローンを利用中の人は銀行カードローンへの借り換えを検討する価値はあると思います。

 

銀行カードローン審査【総量規制の対象外】

消費者金融には「総量規制」という壁があります。

 

これは、年収の1/3以上の融資を禁止するという内容で、消費者金融業者などに適用される「貸金業法」によって規制されています。

 

一方で、銀行カードローンは「銀行法」で規制されていますので、総量規制の対象外になります。

 

ですから、年収の1/3という規制が無いので、思う存分(?)借りることができる点もメリットです。

 

銀行カードローンの借り換え審査は厳しいのか?

カードローンを初めて利用する人の中には「銀行カードローンは審査が厳しい」という先入観や「無利息期間がある」ということで消費者金融を選択した人もいると思います。

 

一般的に、銀行カードローンは消費者金融カードローンよりも審査が厳しいと言われているので、消費者金融しか利用したことが無い人は銀行カードローンの借り換え審査に不安を感じることは当然です。

 

銀行カードローン借り換え審査厳しい?

消費者金融カードローンから銀行カードローンへステップアップ(?)しても、借り換え審査なら思っているほど厳しくないことが予想されます。

 

カードローンの借り換えは1件の借り入れを借り換えるだけなので、利息を除いた返済額に変わりがありません。

 

ですから、消費者金融カードローンを利用している人が現在までに問題なく借り入れと返済ができていれば、銀行カードローンに借り換えても問題が起こる可能性は低いと判断されるのは当然です。

 

むしろ1対1の借り換えならば、これまでの利用実績が評価されて審査に有利になる可能性だって考えられます。

 

消費者金融から金利が低い銀行カードローンに借り換えることにとって、金利が下がることによって利用者の負担は減るわけですからね。

銀行カードローンおすすめはこちら!