銀行カードローン審査は連帯保証人が必要?

男性

銀行カードローン審査【保証人と連帯保証人とは?】

保証人とは、お金を借りた人や返す義務を負った人が約束通りに返済しない場合に、借りた人に代わって返済することを約束した人のことです。

 

保証人を立てる目的には「お金を借りた人がきちんと返済することはずですが、まさかの場合は私が弁済しますから、どうか信用して貸してください」という保険の役割です。

 

従って、借りた人がきちんと返済している限りは保証人が弁済を迫られることはありません。

 

これに対して、連帯保証人は意味合いが異なります。

 

お金を貸した人は、借りた人と連帯保証人のどちらに返済を請求することができるのです。

 

ですから、借りた人が問題なく返済していても、貸した人が「次回から連帯保証人に請求します」と一方的に変更することも認められているのです。

 

つまり、お金を借りた人と連帯保証人は同じ立場ということなのです。

 

銀行カードローン審査【連帯保証人は必要?】

銀行カードローンでは、連帯保証人を立てる必要はありません。

 

カードローンは住宅ローンとは異なり、少額の無担保融資なので保証が要らないのです。

 

と言っても、借りた人が返済不可能になるリスクはあるので、銀行側にも何らかの保険は必要です。

 

そこで、現在の銀行カードローンでは、消費者金融会社などを銀行グループに迎え入れて保証業務を担当してもらうことで、保証人不要の融資を可能にしているのです。

 

銀行カードローンの貸付条件で「○○保証会社の保証が受けられる方」という項目があるのは、このことを意味しているのです。

 

銀行カードローン審査【保証会社の仕組み】

誰もが考えた事があると思いますが、「カードローンの返済ができなくなった場合に、保証会社が銀行へ弁済してくれるのだから借金はなくなる!」と誤解している人も多いのではないでしょうか?

 

確かに銀行への残債は全て保証会社が弁済してくれるので、銀行への返済義務はなくなります。

 

しかし、今度は残債を建て替えた保証会社が借りた人にお金を貸していることになるので、借金が帳消しになったわけではありません。

 

その後は銀行からではなく、保証会社から返済通知が送られてくることになるので、借金生活には変わりはありません。

 

銀行カードローン返済できない!

借りた人が返済不能になった場合、保証会社に債権が移動するだけならいいのですが、それだけでは収まりません。

 

個人信用情報に「移動情報の記録」がついてしまいます。

 

これは、「借りた人が債務不履行に陥ったので保証会社に債権が移動した」という内容の記録で、一般的に言われる「ブラックリストに載った」ということなのです。

 

これが掲載されると、5年間は個人信用情報にキズがついた状態ですので、新規のローンやクレジットカードは審査に通ることはできなくなりますから、決して軽く考えてはいけないのです。

銀行カードローンおすすめはこちら!