銀行カードローン審査【本人確認・在籍確認】

犬

銀行カードローンの申し込み方法は?

銀行カードローンは来店しなくても、電話やパソコン、スマートフォンや携帯電話からでも申し込めるところが増えています。

 

本人確認に必要な書類は契約時に必要になりますので、申し込みにから審査結果が出るまでは不要です。

 

銀行カードローン審査在籍確認

在籍確認とは、カードローンに記入した勤務先に申込者が本当に勤務しているかを確認するために、カードローン審査のスタッフが勤務先に電話をかけて確認する作業です。

 

ただし、カードローンは「借金」というマイナスイメージがあり、職場バレの危険も大きいので非常にデリケートな問題です。

 

そのため、消費者金融では個人名で電話をかけてくることが一般的なようです。

 

銀行の場合は、カードローン以外に保険や預金などの業務も行っているので、銀行名で電話をかけてきても怪しまれる心配はありません。

 

在籍確認に関しては、銀行カードローンの方が安心できると思います。

 

銀行カードローン審査 【在籍確認回避できる?】

銀行カードローンは職場バレしにくいとは言っても、心配な人は多いと思います。

 

できれば、在籍確認は避けたいものですね。

 

では、在籍確認なしでもOKな銀行カードローンはあるのでしょうか?

 

銀行カードローンでは、必ずと言っていいほど在籍確認はあるようです。

 

ただし、口座開設が必須な銀行カードローンの場合、すでに口座を持っていて取引がある人や専業主婦など限度額が小さい人は在籍確認がない場合があります。

 

又、「在籍証明書」を発行することで在籍確認に応じないという会社もあるようです。

 

銀行カードローン審査【申し込みから契約】

カードローンの契約までの流れは、以下のようになります。

 

1.申し込み

2.審査(この過程で在籍確認があります)

3.審査回答(NGの場合は確認書類は不要、ここで審査打ち切りです)

4.必要書類の登録(本人確認書類などを提出)

5.契約

 

銀行カードローン審査【確認書類は何が必要?】

まず、必ず必要になるのが「本人確認書類」です。

 

一般的には、運転免許証が使用されます。

 

特に三菱東京UFJ銀行カードローンの「テレビ窓口」では、本人確認書類は運転免許証以外のみ即日カード発行されるというくらい、運転免許証の効力は強いようです。

 

その他には、健康保険証、パスポート、マイナンバーカード、在留カード、特別永住者証明書などが利用できます。

 

銀行カードローン審査【書類提出方法】

スマホやパソコンなどで手続きがスピーディに行えても、本人確認書類を郵送していたのでは台無しです。

 

そこで、最近は銀行カードローンでも書類の提出方法がオンラインで行えるようになってきました。

 

その方法は、本人確認書類をスマホのカメラやパソコンでスキャナーを使って取り込み、画像データーを専用サイトにアップしたりメールに添付するというものです。

 

これにより、契約からカード発行までの時間が大幅に短縮されたのです。

銀行カードローンおすすめはこちら!