ブラックでも銀行カードローンの審査に申し込みできる?

銀行カードローンの審査落ち【申し込みブラックとは?

パソコン

銀行カードローン審査に落ちた

銀行カードローンの審査に落ちるということは、審査基準に満たなかった「何か」があるはずです。

 

それを解明しなければ、他のカードローンを申し込んでも落ちる可能性は大きいです。

 

しかし、それを知りたくてもアナタを落とした銀行は教えてくれません。

 

ここは、自己解決しかないのです。

 

では、考えられる要因を挙げてみますので、心当たりがないか確認してみてください。

 

銀行カードローン審査落ちた理由【申込基準は?】

年齢制限はOKですか?

 

多くの場合、20歳以上65歳以下(上限は銀行によって異なります)と規定されています。

 

本人もしくは配偶者に安定した収入はありますか?

 

銀行カードローンは、総量規制の適用外なので法律上は収入がなくても借り入れができますが、銀行の規定で「安定かつ継続した収入」を定めていることが多いです。

 

銀行カードローン審査落ちた理由【他社借入は?】

カードローンの申し込みフォーマットに、他社のカードローンの利用状況を記入する欄があると思います。

 

他社の借り入れ件数と借入総額についてです。

 

ここで注意したいのは、金額よりも件数が問題視されるということです。

 

借り入れ件数が多いということは金銭感覚が疑問視されるだけでなく、低い金額しか融資してもらえないという判断がなされてしまうのです。

 

銀行カードローンの場合は、借り入れ件数は1件までにとどめておくことです。

 

2件でギリギリ、3件だと落ちる可能性が大きくなります。

 

銀行カードローン審査落ちた理由【金融事故は?】

クレジットやキャッシング、ローンの審査には年収などの経済面以外に、過去のクレジット関係の利用状況についての調査もあります。

 

いわゆる「個人信用情報センター」と呼ばれる情報機関に個人が所有するカード類や今までの借り入れ、返済で延滞がなかったか、自己破産などの金融自己暦が記録されており、本人の了解を得たうえで照会できるようになっています。

 

ここに審査上で不利な情報が記載されていると、不合格になる可能性は大きいです。

 

また、本人に覚えがなくても、スマホの本体代金を月々の使用料金と一緒に支払っている人は要注意です。

 

特に、学生時代に利用料金が払えなくてスマホの利用を止められた経験がある人は、利用料金を滞納しただけでなくクレジットも滞納したことになっているのです。

 

従って、滞納した料金を支払って全てが解決したと思っていても、個人情報にはしっかりと金融事故の記録がついてしまっています。

 

この記録は5年間は消えないので、卒業して社会人になったとしても有効です。

 

心配な人は、1,000円程度で照会できますので、確認することをお勧めします。

 

銀行カードローン審査落ちた理由【申し込みブラックとは?】

個人信用情報機関には、クレジットカードやカードローン審査に申し込んだ記録も掲載されます。

 

個人信用情報は審査の際には必ず照会されますので、アナタがいつ、どこのカードローン審査を受けたかまでも判明します。

 

ですから、短期間に複数のカードローンを申し込むと「この人は、あちこちのカードローンに申し込んでいるな。一気に借りて逃げるんじゃないのか?」などと怪しまれてしまいます。

 

これを「申し込みブラック」と言って、本人に落ち度がなくても審査落ちする原因になりますので気をつけてください。

銀行カードローンおすすめはこちら!