学生でも銀行カードローンを借りれる?審査は?

銀行カードローン審査学生でも借りれるのは?

学生

銀行カードローン審査【学生は?】

いまどきの学生さんは、クラブの合宿やコンパ、友達との旅行、運転免許の取得など、何かにつけて出費が多いですね。

 

日頃からアルバイトで収入があったとしても、急に飲み会に誘われたけれど手持ちがないなんてこともあると思います。

 

そんな時、学生でも利用できるカードローンがあったら大いに助かりますよね。

 

銀行カードローン学生でも審査に通るのは?

多くのカードローンの申し込み対象には「安定かつ継続した収入があること」と「年齢制限」があります。

 

年齢制限に関しては、多くの銀行カードローンでは20歳〜65歳、消費者金融カードローンでは20歳〜69歳という規定になっています。

 

この条件さえクリアすれば、職業は学生だろうが主婦だろうがカードローン審査に申し込むことができるというのが通例です。

 

ですから、20歳以上かつアルバイトなどで継続して収入があれば、カードローンに申し込む資格はあるいということなのです。

 

 

銀行カードローン審査【親バレしない?】

三菱東京UFJ銀行など大手銀行のカードローンでは、申し込みの際に親権者の同意書が必要になることがあります。

 

カードローンを申し込む本人にとっては、親の心配が目に見えているので抵抗があるかもしれませんが、後から親バレすることを考えたら同意書をもらうほうが気楽で良いと思います。

 

学生の人は社会人になるまでは、親権者の保護下にあるということを忘れないでください。

 

銀行カードローン学生にオススメ

消費者金融などノンバンクのカードローンは同意書が不要で親バレしないで借りられるものもありますが、学生にはオススメしません。

 

なぜならば、ノンバンクのカードローンは金利が高いからです。

 

ノンバンクの金利はどれくらいか?

 

消費者金融大手のアコムやモビットの金利は3.0%〜18.0%です。

 

これに対して、楽天銀行のカードローンは1.9%〜14.5%、三菱東京UFJ銀行のカードローンは1.8%〜14.6%です。

 

学生の場合、最初に貰える限度額は10万円程度ですから、適用金利は最大値になるはずです。

 

10万円を1年間借りた場合の利息は消費者金融では18,000円ですが、楽天銀行カードローンの場合は14,500円で3,500円も低く抑えられるのです。

 

銀行カードローン審査学生は厳しい?

学生だからと言って審査が厳しくなるカードローンはないようです。

 

ただし、会社員のように多額の収入があるわけではありませんから、利用限度額はそれなりに抑えられてしまいます。

 

同レベルの年収や属性の人が同じカードローンに申し込んだ場合、希望額が低い方が通りやすいのがカードローン審査の常識です。

 

ですから、審査が心配な人はなるべく低い希望融資額で申し込んだ方が安心です。

 

あくまで学生の本分は学業なのですから、本業に影響が出ない程度の借り入れにとどめておくことを忘れてはいけません。

銀行カードローンおすすめはこちら!