銀行カードローン審査、会社経営者も申し込みできる?

サラリーマン

銀行カードローン審査【経営者は?】

銀行カードローンは、個人向けの融資となっています。

 

そのため、会社経営者の方が私物を購入したり、教育資金、冠婚葬祭といった目的で借り入れを申し込むのであれば、借り入れはOKです。

 

しかし、事業資金として申し込む場合はNGとなっています。

 

銀行では、事業資金用のローンは別に用意していて、個人用のローンより最初から利息が低く設定されている場合が多いので、事業拡大、設備投資などを考えている経営者の方は、こちらのローンを利用すると良いでしょう。

 

経営者の方が個人用の銀行カードローンを申し込んだ場合、銀行によっては、審査担当者から電話がかかってきて、利用目的などを再確認することがあるそうですよ。

 

銀行カードローン審査【肩書きは関係なし!】

銀行カードローンを申し込む時、経営者の方だったら審査が有利になるんじゃないかと考える方もいると思いますが、これは大きな間違い!

 

個人向けのローンは、あくまでも個人の返済能力、信用度がチェックされるので、たとえ会社が大儲けしていても、個人としての所得、収入が少なかったら、融資可能額も少なくなる可能性があります。

 

逆に、審査の時は会社の経営状態がチェックされることはあまりないので、会社の売上が少なくても、個人の収入が多ければ、低利息で高額の融資が受けられる可能性は大いにあります。

 

ただし、会社を興したばかりの場合は、最初の融資額が抑えられてしまうかもしれません。

 

会社を起業してからの年数=勤続年数、とみなす銀行が多いからです。

銀行カードローンおすすめはこちら!