年金受給者が銀行カードローンの審査に通るには?

銀行カードローン審査年金受給者が借入れできるのは?

男性

銀行カードローン審査【年金受給者は?】

 

カードローンを利用するためには収入があることが条件です。

 

返済にかかわる大切な事柄なので、収入の有無はカードローン審査の基本中の基本になります。

 

一般の会社員の人ならば、自己破産歴でもない限りはカードローン審査に申し込むことができますが、年金受給者の場合はどうなのでしょうか?

 

高齢者だって経済活動をしているわけですから、何かと物入りなことだってあるはずです。

 

町内の旅行やお孫さんへのプレゼントなど、急な出費が続いた場合は一時しのぎの借り入れができれば心強いですからね。

 

高齢者がカードローンに申し込む場合に、問題があります。

 

それは、年金が収入として認められるか否かという点です。

 

 

銀行カードローン審査落ちる?【年金受給者】

 

カードローンの申し込み資格には「安定かつ継続した収入がある方」という条件が必ずつきますね。

 

この「安定、継続した収入」に年金があてはまるのかどうかが、カードローンに申し込めるかどうかの一番のポイントになります。

 

年金は2か月に一度給付されるので定期的な入金ですし、受給者が存命のうちは支払われるので安定かつい継続しているという面もクリアしているように思えます。

 

しかし、年金は働いて得た給与や報酬ではないので、立場上は「無職」となります。

 

年金を受け取りながら定年後もどこかの会社で働いている人なら、会社からの給料で収入があるのですから問題ないのですが、年金だけで生計を立てている人は難しいですね。

 

 

銀行カードローン審査厳しい?【年金受給者】

 

消費者金融や銀行カードローンのサイトへアクセスして申し込み資格を見てみても、年齢制限の記載は明記されていますが、年金受給者への貸付に関する記載はないことが多いです。

 

そこで色々と調べてみたところ、年金受給者でも借りられるカードローンと借りられないカードローンが判明しました。

 

消費者金融のモビット、アコム、アイフルは年金収入だけの人は申し込みの時点でNGでした。

 

楽天銀行、住信SBIネット銀行などの銀行カードローンも年金収入だけの人は申し込みできません。

 

しかし、年金受給者でも働いていれば審査のうえで契約は可能とのことでした。

 

 

銀行カードローン年金受給者が審査通るのは?

 

年金受給オンリーがNGなカードローンが多い中で、三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行だけは「年金収入のみでも申し込みは可能」という条件になっていました。

 

ただし、どちらも申し込みは受け付けるというスタンスなので、審査のうえで可否が決定するはずです。

 

又、どちらの銀行カードローンにも大きな問題があります。

 

それは年齢制限です。

 

アイフルやモビット、アコムなどの消費者金融カードローンは年齢制限の上限が69歳までですが、三菱東京UFJ銀行は65歳未満なので一般の年金受給年齢では年齢制限でNGとなってしまいます。

 

みずほ銀行も満66歳までなので、実質、年金受給から1年間しか借り入れができないことになります。

銀行カードローンおすすめはこちら!