銀行カードローン審査水商売も審査通る?

女性

銀行カードローン審査【水商売は?】

 

水商売地言っても、色々な種類があります。

 

キャバクラやホストクラブ、ガールズバーなどなど・・

 

そこに勤めている人はきれいなドレスを着て華やかなイメージがありますが、これが結構大変らしいのです。

 

月給を50万円も貰っていても、ドレスや化粧品、美容院などのお金は全て自腹なので、足らない月もあるとか・・。

 

そんな時に、ちょこちょことカードローンのお世話になっているキャバ嬢さんもいるようです。

 

 

銀行カードローン審査通る【水商売】

 

そんなことで驚いているようでは“頭が古い人”という烙印を押されてしまいます(笑)

 

現在の水商売に対して、昔のような暗いイメージを持っている人は少なくなってきていますから、立派な職業として認知されつつあるのです。

 

ですから、キャバクラ勤務の女性でも普通にカードローンを利用している人は多いようですが、まだまだ一般的には知られていませんね。

 

キャバ嬢さんの間でも「水商売でもカードローンの利用ができる」ということを知らない人もいるようですから。

 

 

銀行カードローン審査【水商売が通る条件】

 

水商売で働いている人の収入は、一般的なサラリーマンよりも多いことが考えられます。

 

収入が多ければ「返済能力がある」と判断されるので、カードローン審査には有利に働きます。

 

反面、水商売は客商売なので、お客さんが来なければ売り上げが落ちてしまうというデメリットもあります。

 

又、1年を通して客が多い月や少ない月などがあるでしょうから、収入に影響がでるかもしれません。

 

銀行カードローンの審査では収入が多いことも重要ですが、それ以上に安定していることが優先されます。

 

ですから、カードローン審査では「収入が安定している」という主張を忘れてはいけません。

 

 

銀行カードローン審査【水商売は基準厳しい?】

 

水商売でもチェーン展開していたり、会社経営しているお店なら「信頼できる職場」と判断されるので審査では好印象を与えます。

 

又、出入りの多い業種ですが、1店舗に長く勤めていれば「安定している」と判断されるので審査に通りやすくなります。

 

水商売に限ったことではありませんが在籍期間は長いほど良く、一般企業の場合では最低で1年以上、3年以上勤務していれば「問題なし」と言われています。

 

 

銀行カードローン審査【水商売の注意点】

 

まず、申込書に記入する勤務先についてですが、会社展開している場合は働いているお店ではなく会社名を記入する方が審査する人に対しての心象は良くなります。

 

次に勤務先の従業員にはきちんと本名を教えておきましょう。

 

在籍確認の電話に出た人が源氏名しか知らないと、確認が取れないので審査落ちするかもしれません。

 

最後に、給与明細書はきちんと保管しておくことを忘れないで下さい。

 

水商売の人は審査の際に提出を求められることが多いようです。

 

特に銀行カードローンはノンバンクよりも審査が厳しいので、その可能性は大きいです。

銀行カードローンおすすめはこちら!