個人事業主が銀行カードローンの審査に通るには?

銀行カードローン審査個人事業主でも通る?

男性

銀行カードローン審査【個人事業主は?】

 

個人事業主とは、文字通り「個人で事業をしている人」であったり「法人ではない会社の社長」という定義になるでしょうか。

 

個人事業主になる手続きは簡単で、税務署に「個人事業の開業届書」を提出すれば完了します。

 

確定申告も青色申告にすること(青色申告承認申請書の提出が必要)が認められています。

 

個人で仕事をしている人には、フリーランスという言葉を使うこともありますが、こちらはデザイナーやイラストレーター、カメラマン、ライターなどクリエイティブな仕事に多くみられる働き方です。

 

個人が単発ごとに仕事を契約する働き方で、フリーランスとは契約の仕方を表す言葉です。

 

ですから、特定の職業を指す言葉ではありません。

 

これらの職業を一般的には「自営業者」と言い、法律上の言い方が「個人事業主」という解釈で良いと思います。

 

 

銀行カードローン審査【個人事業主厳しい?】

 

一般的に、カードローン審査は消費者金融よりも銀行の方が厳しいと言われています。

 

そもそも、カードローン自体がサラリーマンなどの給与所得者向けの商品なので、個人事業主には利用しにくいものになっているのは仕方がありません。

 

融資する側は、カードローン利用者に安定した収入が継続して見込めるかという点を重視しますから、個人レベルの不安定な事業には厳しい目を向けるのは当然です。

 

ですから、このハンデを乗り越えるだけの準備が必要なのです。

 

 

銀行カードローン審査【個人事業主が通るには?】

 

カードローン審査には業種や会社名、勤務先住所などを記入する欄があります。

 

個人事業主の場合、業種は「自営業」と書くのが通常です。

 

個人事業主は法律上の用語なので、ここでは使用しません。

 

会社名は、開業届書に記載した「屋号」になります。

 

屋号が無い場合は自分の名前を書けば良いのですが、それもダサイですから屋号は登録しておきましょう。

 

勤務先は事務所を借りていなければ自宅の住所になります。

 

 

銀行カードローン審査【個人事業主基準厳しい?】

 

会社員の人は勤続年数を聞かれますが、個人事業主は開業してからの年数が勤続年数に相当します。

 

又、会社員の場合は「300万円までは収入証明書は不要」などの条件が認められていますが、個人事業主の場合には、そのような免除は無いことが多く、直近2年の確定申告書の写しなどが必要になることが一般的です。

 

これらの事を考慮すると、開業から2年以上経過していないと個人事業主が銀行カードローン審査を突破できる可能性は低いかもしれません。

 

又、確定申告書も連続黒字でなければ、審査に通過することはできないと思います。

銀行カードローンおすすめはこちら!