自営業でも銀行カードローンを借りられる?審査は?

銀行カードローン審査自営業でも借りれる?

男性

銀行カードローン審査【自営業は?】

 

一般的に自営業者は、カードローン審査に不利だと言われています。

 

銀行カードローンの審査基準が公表されているわけではないので正確な判断はできませんが、職業属性ではパートやアルバイトよりもランキングが下という話は良く聞きます。

 

パートやアルバイトよりも自営業の人の方が収入や所得が上だと思うのですが、なぜ、そのような評価になってしまうのでしょうか?

 

 

銀行カードローン審査自営業者が通るには?

 

自営業者がカードローンやクレジットカードの審査に不利だと言われる最大の原因は、「経営が安定しにくい」とか「継続した収入を維持できるかどうか」という不確定な要素が多いからです。

 

現在は経営が順調でも、近所に競合店ができれば売上が落ちてつぶれてしまう可能性があるというリスクは常に考えられます。

 

チェーン展開している店舗ならば潰れるに持ちこたえたり潰れるまでに時間が稼げますが、個人で営業している店舗の場合はそのようなバックアップはないので「あっという間に廃業」なんて可能性が大きいのです。

 

 

銀行カードローン審査自営業は落ちる?

 

自営業の評価が低い理由は、他にもあります。

 

自営業者が業績不振で廃業して「夜逃げ」をした場合、連絡が取れなくなる可能性が大きいのです。

 

会社員の場合は、会社で個人データーを管理しているので連絡が取れる可能性がありますが、自営業者が逃げた場合は連絡する手段がなくなってしまいます。

 

そもそも、カードローンを利用している時点で「お金が無い」という事実は予見できるので、審査する銀行側も「夜逃げ」には慎重にならざるを得ませんね。

 

銀行カードローン審査【事業資金は?】

 

自営業者で問題になるのは、「銀行カードローンは事業資金には使えない」という点です。

 

仕入れや支払いなどで「ちょっとの期間だけお金が足りない」という場合に銀行カードローンは使えないのです。

 

その理由として、自営業者の数は年を追うごとに減少しているという事実があります。

 

毎年10万人近くの自営業者が休業や廃業しているのです。

 

このようなデーターがあるので、金融機関が自営業者について厳しい評価をしていることはうなずけますね。

 

特に事業資金として融資した場合、「事業に失敗したから返済できない」という理由で毎年10万件も不良債権ができたのでは、銀行も商売になりません。

 

そのため、銀行カードローンは事業資金には利用できないのだと推測されます。

 

 

銀行カードローン審査と消費者金融カードローン審査

 

カードローンには、銀行カードローンとアコムやプロミスなどの消費者金融カードローンがあります。

 

銀行カードローンは、一般的に金利は低いが審査が厳しいと言われています。

 

一方で、消費者金融(いわゆるノンバンク)は金利が高めだが審査は緩いとされています。

 

消費者金カードローンは「事業資金の利用もOK」なので、仕入れや支払にも利用することができます。

 

自営業者は多少金利が高いですが、消費者金融カードローンの方が利用しやすいと思います。

銀行カードローンおすすめはこちら!