外国人でも審査に通る銀行カードローンは?

外国人でもOKな銀行カードローンならみずほ銀行!

銀行カードローン審査外国人も借りれるって本当?

銀行カードローン,審査,甘い,外国人

銀行カードローン審査【外国人は?】

外国人でも、日本で生活していればお金はかかりますから、お金に困ることはあるかもしれません。

 

そんなとき、日本人ならカードローンを利用することで危機を回避することができますが、外国人の場合はどうなのでしょうか?

 

お金に困ったときに、消費者金融や銀行カードローンを利用することはできるのでしょうか?

 

銀行カードローン外国人は審査厳しい?

外国人には、国籍を置いている母国があります。

 

一般的には生活の拠点は母国にあると考えられるので、外国人はいずれ帰国すると考えられます。

 

仮にカードローン契約を済ませ、返済途中で帰国してしまったら?

 

日本を離れても、帰国せずに他国へ移動してしまったら?

 

連絡手段がなくなってしまうかもしれませんね。

 

つまり、外国人は「借り逃げ」ができてしまうのです。

 

もし、外国人に借り逃げされた場合、銀行はカードローンの融資額と海外へ出向いていく回収コストを比較すると、残念ながら回収は赤字になるので泣き寝入りをするしかありません。

 

このようなリスクを伴う事から、外国人はカードローンの利用が困難なのです。

 

銀行カードローン外国人も審査通る!

昔は外国人が利用できるカードローンは少なかったのですが、近年では日本で働く外国人の数が増加しているので、外国人でも申し込み条件を満たしていれば受け付けてくれるカードローンが増えてきています。

 

カードローンは消費者金融と銀行の商品がありますが、申し込み条件が異なりますので注意してください。

 

銀行カードローン審査【外国人の利用条件】

 

銀行は「お堅い商売」なので、消費者金融よりも厳しい条件となっています。

 

外国人は、基本的に永住許可を受けていなければカードローンの申し込み条件から外れてしまいます。

 

三大メガバンクのうち、三菱東京UFJ銀行バンクイックとみずほ銀行カードローンの申し込み条件には「永住許可を受けている人」という内容が記載されています。

 

三井住友銀行カードローンは、外国人に関する記載がありません。

 

一方、新生銀行カードローンレイク、イオン銀行カードローンBIG、楽天銀行スーパーローンなどのネット銀行でも、外国人の場合は永住許可を受けている人という条件が付きます。

 

銀行カードローン外国人でも審査甘いのは?

このように、外国人が銀行カードローンを借りる場合は永住許可が必須条件です。

 

外国籍で日本に住んでいるというだけの外国人は、借りることはできません。

 

一方で、消費者金融カードローンは外国人登録証明書や在留カードで借りられるところもあるようです。

 

又、日本語の読み書きや会話ができる人という条件が付く場合もあります。

 

契約する本人が契約内容を理解しなければいけませんから、日本語力は必要なのです。


銀行カードローンおすすめはこちら!