専業主婦でも審査に通る銀行カードローンは?

銀行カードローン審査専業主婦も借入できる?

母

銀行カードローン審査【専業主婦は?】

 

専ら家事や子育てなどの無償の再生産労働に従事する既婚女性のことを「専業主婦」と言います。

 

パートやアルバイトなどの稼得労働に従事しないので、多くの場合、税制上の課税所得に達しない扶養家族として扱われる妻の事になります。

 

 

銀行カードローン審査通る専業主婦!

 

カードローンには消費者金融などの「ノンバンク」のものと銀行が提供しているものがあります。

 

ノンバンクと銀行は、それぞれを規制している法律が異なります。

 

ノンバンクは「貸金業法」という法律が適用されているので、「総量規制」という“借りすぎを防ぐための規制”が設けられています。

 

その主旨は「収入の1/3を超える借り入れを禁止する」という内容なので、収入が無い専業主婦には融資できないことになります。

 

ですから、専業主婦はテレビCMで有名な「アコム」や「プロミス」「アイフル」「モビット」などのノンバンク借りることはできないことになります。

 

一方で、銀行カードローンは「銀行法」という別の法律の規制を受けますので、総量規制は関係ありません。

 

従って、法律上は専業主婦でも借りられることになります。

 

 

銀行カードローン審査【専業主婦借り入れ】

 

法律上は、専業主婦などの無収入な人でも銀行カードローンは利用できますが、多くの銀行では「申し込み資格」で「安定かつ継続した収入がある方」という条件を付けているので、それらの銀行で専業主婦はカードローン審査に申し込むことができません。

 

このような規定を設けている銀行は、三井住友銀行、オリックス銀行、新生銀行など数多くあります。

 

 

銀行カードローン審査【専業主婦OKなのは?】

 

では、専業主婦でも審査に申し込める銀行カードローンはないのかというと、決してそんなことはありません。

 

申し込み資格に「配偶者に安定した収入がある方」という項目が付け加えられていれば、専業主婦でもカードローン審査に申し込むことができます。

 

三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行、ジャパンネット銀行、イオン銀行などは専業主婦でもOKですし、楽天銀行に至っては専業主婦専用の申し込みサイトまで用意しています。

 

 

銀行カードローン審査【専業主婦借入限度額】

 

専業主婦でもOKな銀行カードローンは、本人に収入が無くても配偶者の信用を担保に融資をしてくれます。

 

これを「専業主婦枠」という人もいます。

 

専業主婦枠は、銀行カードローンで公表されている限度額よりもはるかに低い設定になっていますのでご留意ください。

 

例えば、イオン銀行カードローンBIGでは通常の利用限度額は800万円ですが専業主婦は50万円までとなっています。

 

 

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは、限度額500万円ですが専業主婦は30万円、みずほ銀行の女性専用カードローンMyWingは限度額100万円ですが専業主婦は30万円となっています。

銀行カードローンおすすめはこちら!