銀行カードローン審査母子家庭も借入れできる?

パソコン

銀行カードローン審査【母子家庭は?】

 

消費者金融や銀行カードローンの審査で「旦那さんがいない家庭の母親だから申し込めない」という理由で断るところはありません。

 

カードローンの申し込み資格で重要なポイントは、「安定かつ継続した収入があること」と「年齢制限」です。

 

これらをクリアすれば、母子家庭でもパート主婦でもアルバイトでもカードローンに申し込むことができます

 

銀行カードローン審査母子家庭でも通る

母子家庭だからカードローン審査に不利になるということはありません。

 

旦那さんがいなくても、きちんと定職に就いていれば「安定かつ継続した収入」は確保できているので、通常と同じ条件で審査が行われます。

 

母子家庭という家庭環境は審査に影響することはありませんが、心配なことは「年収」です。

 

子育てをしながら働いているお母さんの場合、男性のようにバリバリ働いてガッチリ稼ぐというわけにいきませんから、どうしても限られた年収になってしまいます。

 

銀行カードローン審査総量規制対象外!

ご存知だと思いますが、カードローンは消費者金融などのノンバンクのものと銀行が提供するものがあります。

 

ノンバンクのカードローンは総量規制があるので、年収の1/3までしか借り入れることができません。

 

この「年収の1/3」という金額は全ての借り入れに適用されるので、すでに他社から借り入れている人やクレジットカードでキャッシングをしている金額も算入されます。

 

又、クレジットカードのキャッシング枠について、カードローン審査場は1円も借りていなくても限度枠一杯まで借り入れているとして計算されるので注意が必要です。

 

つまり、年収210万円の人がキャッシング枠50万円のクレジットカードを持っていたら、ノンバンクのカードローンでは20万円しか借りられないということなのです。

 

これに対して、銀行カードローンは総量規制の適用は受けないので「年収の1/3」という縛りはありません。

 

 

銀行カードローン母子家庭が審査に通るには?

 

カードローンの審査に関しては、母子家庭だからと言って特に準備する対策はありません。

 

何度も申し上げますが、母子家庭がカードローン審査に影響を与えることはないからです。

 

一般的には、年収、勤務先、勤続年数、他社借入件数と合計金額などを総合して審査されるので、そちらの方に問題が無いかを気にした方が良いでしょう。

 

又、どんな人でも希望限度額を低めに設定した方が審査には通りやすくなります。

 

特に年収が低い人は、なるべく1/3以内の希望額で審査に申し込むことをオススメします。

 

「年収の1/3」という設定は適当に算出された数値ではなく、安全に無理なく返済できる範囲という観点で計算された「返済負担率」なので、それを超える金額は審査する側から不安視されてしまいますよ。

銀行カードローンおすすめはこちら!