OLでも銀行カードローンの審査に通る?

銀行カードローン審査OLでも借りられる?

ランチ

銀行カードローン審査OLでも申し込み可能!

ひと昔前は、女性はカードローンの申し込みをすることが難しく、審査に通っても少額しか借り入れができないことがありました。

 

そのため、女性専用の「レディースローン」というローンがはやりましたが、このレディースローンは利息が非常に高いのが実状でした。

 

しかし最近では、女性でも男性並みの労働時間で、かなり稼いでいる方もいらっしゃいます。

 

各金融会社や銀行も、女性の申し込みも男性と同じに扱うようになり、審査の基準は、あくまでも申し込み者の信用度、返済能力、年収次第となっています。

 

したがって、自分がOLだからといって、低金利で高額融資が可能な銀行カードローンの申し込みができないということはありませんので、このサイトで紹介されているローンから、自分に最適なものを見つけてください!

 

銀行カードローン審査申し込み前の注意点

銀行カードローンの審査では、すでに他社から借入れている金額の残高がチェックされます。

 

これには、OLの皆さんがよく使うクレジットカードも含まれます。

 

ショッピングの利用額は銀行カードローンの審査対象には含まれませんが、キャッシング額は含まれます。

 

また、利用しているカード会社数も考慮される場合があるので、複数のクレジットカードでキャッシングをしている方は、完済してから申し込むと審査が有利に進みます!

 

レジットカードのキャッシングの利息は、銀行カードローンの利息より高いので、借り換えするつもりで、今後は銀行カードローンに一本化するのがよいですよ!

銀行カードローンおすすめはこちら!

銀行カードローンはOLでも借りれる?審査はどう?【即日スマホ対応】記事一覧

銀行カードローン審査【派遣や契約社員は?】派遣社員や契約社員の方は、正社員の方と違ってボーナスがありませんし、雇用期間が決まっている場合が多いので、年収が少なめにある傾向にあります。でも、それだからといって、銀行カードローンに申し込めない、なんてことはないので安心してください。銀行カードローンの審査でチェックされるのは、申し込んだ人の年収や返済能力、そして信頼度です。信頼度とは、過去にクレジットカ...

銀行カードローン審査【パート・アルバイトは?】銀行カードローンは、銀行から借入を受けるものなので、パートやアルバイトの方のように収入が少なかったり、ボーナスがない状況では申し込めないのでは?、なんて思っている人が多いようです。でも、銀行カードローンは、継続した毎月の収入がある方でしたら、誰でも申し込めちゃうんです!パート、アルバイトの方が銀行カードローンを申し込んだ時の審査の流れは、正社員や経営者...

銀行カードローン審査【経営者は?】銀行カードローンは、個人向けの融資となっています。そのため、会社経営者の方が私物を購入したり、教育資金、冠婚葬祭といった目的で借り入れを申し込むのであれば、借り入れはOKです。しかし、事業資金として申し込む場合はNGとなっています。銀行では、事業資金用のローンは別に用意していて、個人用のローンより最初から利息が低く設定されている場合が多いので、事業拡大、設備投資な...

銀行カードローン審査【主婦は?】一般的には、主婦の方はカードがつくりにくいと言われていますが、意外にも銀行カードローンは主婦でも申し込めますし、審査に通れば借り入れも可能なんです!まず、兼業主婦の方は仕事を持っているので、一般の給与所得者として銀行カードローンを申し込めます。仕事内容は問いませんし、正社員でも派遣でも、パートでも問題ありません。その方の収入と信頼度、支払い能力を元にして審査が行われ...

銀行カードローン審査【公務員は?】カードローン審査は、“お金を借りようとしている人に返済能力があるのか?”を見極めることが目的です。そのためには、カードローン利用希望者に“安定かつ継続した収入があるか?”ということに加えて“失業しなくい勤務環境か?”という点も重要なポイントになります。公務員が働く勤務先は、倒産の心配は皆無と言っていいと思います。更に公務員は、違法行為などを犯さない限りは「クビ」に...

銀行カードローン審査【自営業は?】一般的に自営業者は、カードローン審査に不利だと言われています。銀行カードローンの審査基準が公表されているわけではないので正確な判断はできませんが、職業属性ではパートやアルバイトよりもランキングが下という話は良く聞きます。パートやアルバイトよりも自営業の人の方が収入や所得が上だと思うのですが、なぜ、そのような評価になってしまうのでしょうか?銀行カードローン審査自営業...

銀行カードローン審査【個人事業主は?】個人事業主とは、文字通り「個人で事業をしている人」であったり「法人ではない会社の社長」という定義になるでしょうか。個人事業主になる手続きは簡単で、税務署に「個人事業の開業届書」を提出すれば完了します。確定申告も青色申告にすること(青色申告承認申請書の提出が必要)が認められています。個人で仕事をしている人には、フリーランスという言葉を使うこともありますが、こちら...

銀行カードローン審査【水商売は?】水商売地言っても、色々な種類があります。キャバクラやホストクラブ、ガールズバーなどなど・・そこに勤めている人はきれいなドレスを着て華やかなイメージがありますが、これが結構大変らしいのです。月給を50万円も貰っていても、ドレスや化粧品、美容院などのお金は全て自腹なので、足らない月もあるとか・・。そんな時に、ちょこちょことカードローンのお世話になっているキャバ嬢さんも...

銀行カードローン審査【年金受給者は?】カードローンを利用するためには収入があることが条件です。返済にかかわる大切な事柄なので、収入の有無はカードローン審査の基本中の基本になります。一般の会社員の人ならば、自己破産歴でもない限りはカードローン審査に申し込むことができますが、年金受給者の場合はどうなのでしょうか?高齢者だって経済活動をしているわけですから、何かと物入りなことだってあるはずです。町内の旅...

銀行カードローン審査【無職は?】無職と失業中は、今の時点で定職に就いていないという点では同じです。広い意味では失業中の人も無職という範疇ですが、両者は根本的な部分が異なります。無職とは自分の意志で就業しない人で、年金受給者、専業主婦(直接賃金を得る仕事をしていないという意味です。誤解のないようにお願いします。)、家事手伝い、ニート、プー太郎などを言います。これらの人が銀行カードローンに申し込んで審...

銀行カードローン審査【母子家庭は?】消費者金融や銀行カードローンの審査で「旦那さんがいない家庭の母親だから申し込めない」という理由で断るところはありません。カードローンの申し込み資格で重要なポイントは、「安定かつ継続した収入があること」と「年齢制限」です。これらをクリアすれば、母子家庭でもパート主婦でもアルバイトでもカードローンに申し込むことができます銀行カードローン審査母子家庭でも通る母子家庭だ...

銀行カードローン審査【学生は?】いまどきの学生さんは、クラブの合宿やコンパ、友達との旅行、運転免許の取得など、何かにつけて出費が多いですね。日頃からアルバイトで収入があったとしても、急に飲み会に誘われたけれど手持ちがないなんてこともあると思います。そんな時、学生でも利用できるカードローンがあったら大いに助かりますよね。銀行カードローン学生でも審査に通るのは?多くのカードローンの申し込み対象には「安...

銀行カードローン審査【フリーターは?】フリーターという言葉は知っていても、その意味は曖昧なのできちんと説明できる人はいないのではないでしょうか。私自身も勘違いしていたようで、「フリーのアルバイター」を略しているのだと思っていましたが、実はもう少し細かい定義があるようです。1991年に厚生労働省が定義付けした内容は次のようになっています。中学卒業後の年齢15歳から34歳で在学していない者のうち、勤務...