審査で在籍確認がない銀行カードローンはある?

銀行カードローン審査勤務先にバレない?【電話連絡はある?】

指差し

銀行カードローン審査電話連絡ある?

カードローンの電話連絡って、何の用件で連絡してくるのでしょうか?

 

それは、カードローンに申し込んでくれたことに対する「お礼の電話」ではありません。

 

カードローンに申し込むときに勤務先を記入しなければなりませんが、本当にその会社に勤めているのかどうかを確認するための電話連絡なので、通常は「在籍確認」と言われる電話です。

 

銀行カードローン審査【在籍確認方法】

パソコンやスマホからカードローンの申込フォームに入力して送信すると、審査が開始されます。

 

カードローンは、お金を貸して利息を付けて返してもらう商売ですから、申込者がきちんと返済できる能力があることを確認しなければ融資はできません。

 

そのため、申込者の返済能力について有無を審査するのです。

 

審査に関する内容や基準は公開されていませんが、大よその内容を以下に挙げておきます。

 

@職業、勤務先、勤続年数

A年収

B個人信用情報(借り入れ状況、金融事故歴などの確認)

C住居形態、家族構成

 

このように審査が開始されたら、すぐに「申込者の収入源」についての確認をとります。

 

在籍確認は、この段階で行われます。

 

銀行カードローン審査【在籍確認必要?】

「わざわざ会社に電話連絡をしなくても、勤務していることが分かればいいじゃないか!」と思う人もいると思います。

 

中には、先月までの給与明細を提示して「勤務している証拠はあるから会社に電話をしないでくれ」と頼む人までいるそうです。

 

直近の給与明細があるならと信じてもらえると思うかもしれませんが、実はすでに退職していてお金に困っている場合だって考えられるのです。

 

そうなると、お金を借りて夜逃げすることだって考えられます。

 

ですから、在籍確認は必要な作業なのです。

 

銀行カードローン審査【在籍確認回避できる?】

基本的には、在籍確認は必須です。

 

しかし、最近のカードローンには「必要に応じて電話連絡を差し上げる場合がございます」という内容の表現をしているサイトもあるので、必ず電話連絡があるとは限らないようになってきています。

 

銀行カードローン審査【在籍確認勤務先バレない?】

カードローンと言えば“聞こえ”は良いですが、平たく言えば“借金”ですから、本人にとっては非常にデリケートな問題です。

 

ですから、絶対に勤務先の人間にバレたくないと思うのは当然です。

 

審査する側もその点は十分に分かっているので、細心の注意をはらって電話をかけてきます。

 

銀行は預金や保険などの数多くの商品を扱っているので、「銀行からの電話 → 借金」とは結びつきにくいですから、銀行カードローンの審査では銀行名で電話がかかってきます。

 

そこで、職場への事前対応として「保険の件で銀行から電話があるかもしれないので、自分が不在だったときは外出中と伝えてください」と根回ししておけば、怪しまれることはないと思います。

銀行カードローンおすすめはこちら!