銀行カードローン審査総量規制関係あるの?

指差し

銀行カードローン借入限度額は?

クレジットカードや一般のカードローン、消費者金融では、融資を受けられる限度額が法律で決められています。

 

その限度額は年収の3分の1と決められていて、これは1社からの借入額ではなく、借入れをしているすべての会社からの総額となっています。

 

したがって、他社から借り入れのない年収500万円の人が融資を受ける場合は150万円、2社から100万円の借入れがある場合は、

 

(500万円-100万円)×1/3=120万円となります。

 

この制度は「総量規制」といい、返済能力を超えて借入をしないように決められた法律です。

 

しかし、この法律が足かせになって、返済能力がきちんとあって、金融会社からの借り入れが必要な人が融資を受けられない状態も作り出してしまいました。

 

銀行カードローン審査総量規制対象外!

ところが、同じ金融会社からの融資でも、銀行カードローンはこの総量規制の対象になっていないんです!

 

もちろん、銀行側で審査の時に返済能力は十分にチェックされますが、そこで問題なしと判断されたら、年収の3分の1以上の融資が受けられます。

 

ただし、注意しておきたいのは、どの銀行カードローンの申し込み時でも、他の銀行カードローンやクレジットカードのキャッシング、消費者金融からの借り入れ残高を申告しなくてはなりません。

 

この借り入れ残高と年収を鑑みて、銀行は融資するか否か、そして融資額はいくらにするか決めるので、銀行カードローンを申し込む前に、キャッシングの利用や消費者金融の利用は避けておくべきでしょう。

銀行カードローンおすすめはこちら!