親にバレずに審査を受けられる銀行カードローンは?

銀行カードローン審査親バレしない?

紙袋

銀行カードローン審査学生【親バレは?】

学生向けのカードローンといえば「学生ローン」があります。

 

学生を対象に融資を行う業者で、学生証の提示で簡単にお金が借りられるカードローンです。

 

高田馬場など学生街で営業している消費者金融カードローンなので、一般の社会人には知名度は低いと思います。

 

「マルイ」や「アミーゴ」と言っても知らない人がほとんどではないでしょうか?

 

これらの金融業者は、大学生、大学院生、短大生、専門学校生から予備校生までもが融資対象となっており、特に年齢に関する規定はありません。

 

消費者金融なので総量規制が適用されますから、収入があることは必須条件です。

 

従って、アルバイトなどで現金収入があることを確認されますが、融資金額が低いために勤務先への在籍確認は基本的に行わないようです。

 

又、親の承諾書が不要な金融業者が多いので、親バレの心配も少ないようです。

 

銀行カードローン学生も審査通る

銀行カードローンの場合は、年齢制限があります。

 

その多くは、20歳以上65歳までという条件になっているので、未成年者の申し込みは不可能となっています。

 

つまり、成人していないと銀行カードローンは利用できないということなのです。

 

又、20歳以上の場合でも社会人ならば問題なく申し込むことができますが、学生の場合は「親権者の承諾書」が必要な銀行が多く、その時点で親バレとなってしまいます。

 

銀行カードローン審査学生【本人確認電話は?】

カードローン審査で親権者の同意書を求められる銀行はありますが、審査過程で親へ電話することは無いと思われます。

 

しかし、「安定した収入源の確認」としてバイト先への在籍確認の電話が入ることは十分に考えられます。

 

その際、バイト先から親へ報告される可能性はありますね。

 

もし、銀行から親へ電話連絡が入ることがあるとすれば、カードローンを利用中に度々返済が遅れるなどの場合ですね。

 

規約違反を起こした場合に、親へ注意喚起や督促の連絡をされる可能性があります。

 

銀行カードローン審査学生おすすめは?

三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」では、学生の申し込みについては親権者の同意書が必要と公表していますが、その他の銀行の場合、「年齢制限」と「安定した収入」「国内在住」の条件を満たせば申し込み要件を満たしているカードローンがほとんどです。

 

ですから、学生不可と規定されているカードローン以外の銀行では、学生、社会人を問わずに申し込みを受け付けていると考えて良さそうです。

 

従って、同意書の提出などは要求されないはずですから、そこから親バレする心配はないと思います。

銀行カードローンおすすめはこちら!