職場に銀行からカードローンの在籍確認はある?

銀行カードローン審査、職場に在籍確認はある?

手帳

銀行カードローン審査【在籍確認とは?】

カードローンに限らず住宅ローンやクレジットカードを作る際には、必ず審査を受けることになります。

 

そもそも、審査の目的は何なのでしょうか?

 

それは、申請者の返済能力を調査して「本当に返してくれる人か」を判断するためのものです。

 

本当に返済する能力があるかを判断するために重要な事は、申請者が申告した勤務先で働いているかを確認する必要があるのです。

 

特に三井住友銀行カードローンの場合、300万円以下の借入れ申請には収入証明書が不要なため在籍確認作業は重要です。

 

通常、在籍確認は審査する会社の人間が個人名で「○○さんはいらっしゃいますか?」という電話をかけるので、応対している人間にはカードローンの在籍確認とバレることはないと言われています。

 

銀行カードローン審査【勤務先バレない?】

いくら個人名で電話がかかってくるとは言え、勤務先にカードローン会社から電話がかかってくるのはイヤなものですね。

 

又、カードローン会社が本当に社名を出さずに電話をしてくれるかも疑問です。

 

しかし、心配は無用です。

 

なぜなら「契約者以外の人間にキャッシングの利用を知らせてはいけない」と法律で決められているからです。

 

まして、三井住友銀行と言えば「三大メガバンク」と言われるほどの大企業ですから、個人情報の取り扱いには充分に注意を払っていますので安心です。

 

銀行カードローン審査【勤務先は正直に申告!】

カードローンに申し込む際に、勤務先には知られたくない一心で架空の勤務先や他人の勤務先を書いてはいけません。

 

そうは言っても、カードローン会社によっては在籍確認の電話が必須で無いこともあるんですよね。そのようなカードローンに申し込んだ場合は、運良く審査をクリアできるかもしれません。

 

しかし、三井住友銀行カードローンの審査では、残念ながら在籍確認は必須です。

 

この種のウソは、バレると審査が打ち切りになりますから絶対にNGです。

銀行カードローン審査在籍確認で注意することとは

女性電話

在籍確認は本人が在席していないとダメ?

 

三井住友銀行カードローンは審査が進めば必ず在籍確認があります。

 

しかし、在籍確認があるからと言って1日中自分のデスクにしがみついている必要はありません。

 

カードローン会社からの電話は「××(カードローン会社の担当者個人名)と申しますが○○(審査対象者)さんはいらっしゃいますか?」という内容でかかってきます。

 

本人が不在でも、勤務先の電話応対した人が「○○は席を外しております」と答えてくれれば、「○○さんはこの会社にいる」という確認がとれるので在籍確認はできるわけです。

 

 

事前の根回しをしておこう!

 

在籍確認の電話がかかってくることが判っているのなら、勤務先の関係各位に事前に根回しをしておいたほうが良いでしょう。

 

とは言っても、「カードローン会社から電話がかかってくるから、電話に出た人はよろしくね!」なんて言いたくないですよね。

 

そこで、「クレジットカードを申し込んだので在席確認の電話がかかってくるかもしれない」と言っておけば、肩身の狭い思いをしなくて済みますよ。

 

 

なぜ根回しが必要なのか?

 

私自身の職場の例をあげますと、「個人情報保護のために本人の了解が無い場合はそのような電話に応対できない」と言われたことがあります。

 

確かに取引先からの電話の場合「××株式会社の○○と申しますが‥」という電話の切り出し方が通常なので、個人名だけで勤務先に電話をかけてこられたら在籍確認とはバレないかもしれませんが、逆に怪しまれるかもしれませんね。

 

又、あまり面識が無い人や新入社員が電話を取った場合に「当社には○○という社員はおりません」などと言われたら、「在籍が確認できない」ということで審査落ちになってしまいます。

 

ですから、事前の根回しは在籍確認をスムーズに行なうためには必要なのです。

銀行カードローンおすすめはこちら!