銀行カードローン審査複数借入れは厳しい?

パソコンとお金

銀行カードローン審査【他社借り入れは?】

すでにカードローンを利用していて、新たに別のカードローンを申し込むことを「多重債務」と言います。

 

多重債務は審査に不利になることはありますが、プラスになることはありません。

 

一般的に、銀行カードローンは、既に3社以上から借り入れている人は審査に通らないというのが常識のようです。

 

多重債務は借入件数と借入総額のどちらが多い方が不利?

 

申込み書やフォーマットに記入する際、他社からの借入れ状況を申告しなければなりませんが、借入件数と借入総額のどちらが不利になるかわかりますか?

 

例えば、「1社から100万円借りている人」と「4社から25万円ずつ借りている人」のどちらのマイナス評価が大きいかということです。

 

さあ、どうでしょうか?

 

銀行カードローン審査【借り入れ限度額】

答えは「1社から100万円借りている人」の方が有利な評価がなされます。

 

その理由は、1社から100万円を借りている人は「この人には100万円まで貸してもOK」という信用があるということです。

 

一方で、4社から25万円ずつ借りている人は「この人には25万円までしか貸せない」というレベルの信用しか得られない事になるからです。

 

更に、1社から100万円の人が申し込んできたら「我社で2件目」という判断なので印象は悪くありませんが、4件で100万円の人が申し込んでくると「我社で5件目かよ!」と呆れられてしまいます。

 

ですから、借り入れ件数が多い人は「多少金利が高いカードローンでも構わない」と割り切って、1件におまとめしてから、銀行カードローンに借り換えるなどのような計画的な対策が必要になります。

銀行カードローン審査時に注意するポイントとは?

男性

銀行カードローン審査申し込み前に注意しておくこと

 

カードローンは、担保や保証人が不要な代わりに保証会社の保証を受けることになります。

 

近年、消費者金融業者が銀行系列のグループ企業に加わり、保証会社を担当するケースが増えてきました。

 

こちらのサイトでも人気の三井住友銀行カードローンは、消費者金融カードローンプロミスのサービス元であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が担当しています。

 

このように、一見すると関係なさそうな三井住友銀行カードローンとプロミスですが、審査する保証会社でつながっている事はよくある事なのです。

 

 

銀行カードローン審査落ち!なぜ?

 

勤務先は一流企業、勤続年数も10年以上、持ち家の実家暮らしで居住年数30年!

 

だけど、カードローン審査に落ちた!という人はいませんか?

 

例えば、学生時代にプロミスを利用した事がある人が居たとします。

 

何回か返済が延滞したことがあったけど、昔の事なので気にしていなかった。

 

10年以上前のことなので個人情報にも記載が残っていないはず!

 

しかし、三井住友銀行カードローンで審査落ちしてしまった‥一体ナゼ?

 

社内ブラックは一生もの!

 

10年経てば、自己破産の記録は個人信用情報からは抹消されます。

 

ですが、当時のプロミス(現SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)には延滞記録として記載され続けます。

 

このように個人信用情報機関とは別に保証会社独自で保管しているネガティブ情報を「社内ブラック」と言います。

 

社内ブラックには保管期間が定められていないので、未来永劫記録が残ってしまいます。

 

同様の可能性は、三菱東京UFJ銀行やセブン銀行とアコム、イオン銀行やオリックス銀行とオリックス・クレジット、オリックス銀行と新生銀行などがありますので、申し込む前にはそれらの繋がりに注意が必要です。

 

銀行が他行の審査も請け負うなど複雑に絡み合っているので、三井住友銀行とプロミスより解析が困難ですね(^_^;)

 

銀行カードローンおすすめはこちら!