銀行カードローン審査と消費者金融審査比較

親子

銀行カードローン審査基準は同じ?

以前もお話ししたように、三井住友銀行カードローンの審査はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が担当しています。

 

一方で、同社は自社ブランドのプロミスという消費者金融カードローンを販売しています。

 

つまり、銀行カードローンの保証に関する審査を行ないながら、消費者金融カードローンも審査や運営をしているわけです。

 

となると、三井住友銀行カードローンの審査基準とプロミスの審査基準が同じか否か気になりますね。

 

銀行カードローンと消費者金融カードローン比較

三井住友銀行カードローンとプロミスには「申込みできる人は安定した収入があること」という共通の条件があります。

 

申込み資格が同じで審査する保証会社が同じなら、パートやアルバイトでも収入があればどちらのカードローンも利用できると考えられますが、実際はどうなのでしょうか?

 

実際の審査結果を調べて見ますと、プロミスの場合はパートやアルバイトでも審査に通る事例は多いようですが、三井住友銀行カードローンの場合は「審査落ち」となるケースが多いようです。

 

つまり、保証会社が同じでも銀行カードローンと消費者金融カードローンでは審査基準が異なるという結論になります。

 

銀行カードローン審査【三井住友とプロミスを比較】

プロミスのサイトには「主婦、学生の方でもパートやアルバイトによる安定した収入があればお申し込みいただけます」と記載がありますが、三井住友銀行カードローンには、パート、アルバイトの言葉は一切見当たりません。

 

この事からも、両カードローンの姿勢の違いがうかがえると思います。

 

一般的に言われてるように、銀行カードローンは消費者金融カードローンよりも審査が厳しいというのは真実のようですね。

銀行カードローンと消費者金融なぜ審査基準が違うの?

さし

三井住友銀行カードローン審査プロミスの違いは?

 

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が保証会社を担当するという意味では両カードローンは同じですが、一番の違いは審査基準です。

 

三井住友銀行カードローンは銀行カードローンなので「銀行法」により規制されますが、プロミスは消費者金融カードローンなので「貸金業法」が適用されます。

 

貸金業法には「総量規制」という制約があり、これにより年収の1/3を超える融資は禁止されています。

 

そのため、プロミスに限らず多くの消費者金融カードローンでは、50万円を超える希望限度額では収入証明書が必要になりますし、他社からの借入れが100万円以上ある人も収入証明書の提出が必要になります。

 

最大限度額も500万円までとなっています。

 

一方で、三井住友銀行カードローンは銀行法が適用されるので総量規制は関係ありません。

 

そのため、最大限度額が800万円と高額で、300万円以下の希望額には収入証明書が不要と条件がかなり条件が緩和されています。

 

 

銀行カードローンは審査厳しいが低金利?

 

プロミスの金利は消費者金融カードローンの中では低く設定されており、4.5%から17.8%の利率になっています。

 

一方で、三井住友銀行カードローンの金利は4.0%から14.5%です。

 

これを見ても、銀行カードローンの方が好条件なことがわかりますね。

 

両者を比較しますと、プロミスは利率が高く限度額が低い代わりに審査が厳しくないですが、三井住友銀行カードローンは、限度額が高く金利は低く設定されています。

 

カードローン業界では、条件が良いローンほど審査が厳しいという傾向があります。

 

両カードローンは同じSMBCコンシューマーファイナンスが審査と保証会社を担当しますが、プロミスは消費者金融カードローン、三井住友銀行カードローンは銀行カードローンという違いにより審査基準が異なるということになります。

銀行カードローンおすすめはこちら!