トップ画像
申し込み

筑波銀行カードローン審査基準は?

女性

筑波銀行カードローンとは

 

「筑波(つくば)」と言えば、筑波研究学園都市や筑波山でご存じの方も多いと思います。

 

筑波銀行は茨城県土浦市に本店があり、つくば市に本部機能を置く地方銀行です。

 

2010年(平成22年)に「関東つくば銀行」が「茨城銀行」を合併吸収して、現在の「筑波銀行」が誕生しました。

 

 

筑波銀行カードローンの概要

 

筑波銀行のカードローンは、ショッピングなどでまとまったお金が必要な時の利用を想定した「IMA☆(いまほし)」と「日常生活において、ちょっとお金が足りない」という時のための「ポケットカードローン」があります。

 

 

筑波銀行カードローン【IMA☆(いまほし)】

 

融資限度額は10万円以上500万円以下、金利は年4.8%から14.6%(固定金利・保証料込)となっています。

 

利用条件は以下になります。

 

・筑波銀行の営業区域内に居住または勤務している人

 

・契約時の年齢が満20歳以上満65歳未満

 

・パート、アルバイト、主婦(専業主婦でも可)、年金受給者、学生でも申し込み可能

 

・収入があること

 

※パート、アルバイト、主婦の最大限度額は50万円以下、年金受給者は20万円以下、学生は10万円以下となります。

 

保証会社は「新生フィナンシャル株式会社」なので、審査の難易度は高くはないと思います。

 

専業主婦や学生でも申し込めることや10万円から融資枠があるので、控えめな金額で申し込めば通過率は良いと思います。

 

 

筑波銀行カードローン【ポケットカードローン】

 

ポケットカードローンの融資限度額は10万円以上200万円以内(10万円単位)ですが、主婦、学生、年金受給者は90万円となります。

 

金利は14.6%(固定金利・保証料込)です。

 

利用条件は以下になります。

 

・筑波銀行営業区域内に居住または勤務している人

 

・申し込み時の年齢が満20歳以上72歳以下(申込金額が100万円以上の場合は65歳以下)

 

・収入があること

 

・主婦(専業主婦でも可)、学生、パート、アルバイト、年金受給者でも申し込めます

 

保証会社は「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」です。

 

消費者金融の「プロミス」と言った方が分かりやすいですね。

 

同社の審査レベルは消費者金融の中では難易度が高めということで知られています。

 

100万円以上の希望額は65歳以下までという年齢制限からも、細かい審査が特徴であることがうかがえます。

 

しかし、融資限度額が低いことや高めの金利設定などを加味すると、比較的難易度が低い審査になることも考えられます。

 

 

筑波銀行カードローン借り方は?

 

利用できるATMは筑波銀行をはじめ、提携銀行ATMが利用できます。

 

千葉興業銀行、東京都民銀行、栃木銀行、東日本銀行、山梨中央銀行、横浜銀行、イオン銀行は平日の8:45から18:00は手数料が無料で引き出しのみ可能です。

 

武蔵野銀行は、平日8:45から18:00と土曜日9:00から14:00が手数料無料で引き出しのみ可能です。

 

セブン銀行ATMは借り入れと返済が可能ですが、終日、手数料が発生しますのでご注意ください。

トップ画像
申し込み