三井住友銀行カードローンの審査は甘い?

三井住友銀行カードローンに申し込む!

三井住友銀行カードローン審査甘い?

女性

三井住友銀行カードローンとは?

 

「きゅーにーさん、きゅーにーさん」のテレビCMでお馴染みのカードローンは、日本三大メガバンクの一角をなす三井住友銀行のカードローンです。

 

CMでは電話番号を連呼しているので電話による申込みが印象的ですが、それ以外にもインターネットや申込書の郵送、銀行店舗内に設置されているローン契約機(ACM)からの申込みもできます。

 

実質年利は4.0%から14.5%、契約極度額は800万円、審査は最短30分という銀行カードローンの標準的なスペックです。

 

三井住友銀行カードローン審査申し込み条件は?

 

「申込時の年齢が、満20歳以上、満69歳以下で、原則安定した収入がある人」という規定があります。ですから、無職や失業中の人、専業主婦の方は申し込むことができません。

 

しかし、パートやアルバイトでも安定した収入があれば申し込むことができます。

 

次に、三井住友銀行指定の保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンスの保証が受けられることが条件になっています。同社が保証を行なうため、担保や保証人、保証料は不要です。

 

又、フリーローンなので借入金の使い途は自由ですが、事業資金には使えません。

 

三井住友銀行カードローンは即日融資可能?

 

三井住友銀行カードローンの審査は最短30分で回答があります。

 

しかし、30分で審査結果が分ってもローンカードがなければ借入れをすることができません。ローンカードが郵送されてくるのを待っていては、即日融資は不可能です。

 

どうしても即日融資を受けたい場合は、ローン契約機でカードを発行してもらう方法があります。運転免許証、健康保険証、パスポート、住民基本台帳カード(顔写真付)など本人確認資料を持参して契約手続きを済ませれば、その場でローンカードが発行されます。

 

ただし、ローン契約機は営業時間が限られているので、ネットなどで最寄りの契約機の場所と営業時間を調べておく必要があります。

 

三井住友銀行カードローン審査申し込み方法!

 

三井住友銀行カードローンのテレビCMでは「0120-923-923」とフリーダイヤルを連呼していますが、そのほかにも色々な申込み方法があります。

 

■ パソコン

 

パソコンから三井住友銀行カードローンのサイトへアクセスして「お申し込みはこちら!」をクリックすると、申込みに関する確認事項のページが開きます。「同意して次へ」をクリックすると「かんたん申込」か「通常申込」の選択ページへ移動します。

 

かんたん申込みを選択すると通常よりも少ない項目で申込みができますが、利用限度額が30万円、適用金利が14.5%(最高値)に設定されます。

 

どちらを選択しても申込みフォームが開き、「ご本人について」「ご自宅について」「お勤務先について」「お申し込みについて」の項目を入力し送信することになります。

 

その際、ローンカードの受取り方法を郵送かローン契約機かの選択をします。

 

送信後は三井住友銀行とSMBCコンシューマーファイナンスの審査が始まり、最短で30分後に申込みフォームに入力した電話番号かメールアドレスに結果が知らされてきます。

 

■ スマホ・携帯

 

インターネットが利用できる携帯電話やスマートフォンでQRコードを読み取って、カードローン申込みページへアクセスします。

 

もちろん、手作業でURLを入力をしても構いません。申込みフォームに入力して送信以降は、パソコンと同様の手順になります。

 

■ ローン契約機

 

ローン契約機は三井住友銀行内に設置されています。申込みに際しては、本人確認書類を持参する必要があります。

 

手続きはローン契約機から必要事項を入力して行ないますが、契約機の操作は必ず契約希望者本人が操作するように規定されています。

 

申込みが完了すると、直ちに三井住友銀行とSMBCコンシューマーファイナンスの審査が開始され、その場で審査結果が確認できます。

 

■ 電話

 

CMで有名なフリーダイヤル(0120-923-923)に電話して申込みをする方法です。

 

オペレーターとの対話形式で手続きが進められていきます。

 

受付時間は元日を除く9:00から21:00まで、申込み後に審査が行なわれて結果が電話で知らされてきます。

 

■ 郵送

 

三井住友銀行の店舗に設置されている「メールオーダーサービス申込書」に記入して本人確認資料とともに郵送します。

 

郵送での申込みでも、ローンカードの受け取り方法を指定する必要があります。

 

審査結果は、指定した電話番号に連絡がきます。

 

■ 窓口

 

三井住友銀行でのカードローン受付は、原則として窓口では行なわれていません。

 

窓口で申込みを希望しても、ローン契約機の利用へ誘導されるかメールオーダーサービス申込書による手続きを案内されます。

 

しかし、ローン契約機を設置していない店舗では、三井住友銀行カードローンプラザへ取り次ぎをするという形で、融資窓口で申込みを受け付けています。

 

三井住友銀行カードローンが選ばれる理由は?

 

三井住友銀行カードローンは、セブンイレブンやローソンなどの提携ATMの手数料が無料なので、気軽に借入れや返済ができます。

 

たとえ1回数百円の手数料でも、回数が多くなればあっという間に数千円になってしまいますから、たかだか手数料と言っても侮れません。

 

曜日や時間を気にせず、手数料もかからない三井住友銀行カードローンは、実に使い勝手が良いカードローンだと言えます。

 

 

三井住友銀行カードローン審査は厳しい?

女性2

審査が厳しいカードローン、そうでないローンの違いは?

 

三井住友銀行カードローンは、数あるカードローンの中でも高い人気を誇っています。

 

では、人気の有無には、どんな要因があるのでしょうか。

 

カードローン業界の常識として、条件が良いカードローンほど審査が厳しいという傾向があります。多くの場合、人気が出る条件として考えられる最大のポイントは「金利」です。

 

カードローンで借りたお金は利息を付けて返済しなければなりません。当然ですが、金利が低いカードの方が利息が安くなるので人気があります。

 

人気があるということは多くの人が利用を希望するので、カードローン会社は、より優良な借り手と契約するために審査を厳しくするという傾向につながります。

 

なぜ利息を払わなければならないのか?

 

どんな商品でも、仕入れた金額に利益分を加算して販売されます。カードローンなどの金融業は、お金を貸して利益を得る仕事です。

 

貸したお金は返してもらう際に、貸した金額に手数料や利息を加算して回収することで、金融業は利益が出る仕組みになっています。

 

ところが、同じ商品でも商店によって販売価格が違うことがありますよね。

 

衣類や食料品など「こっちの店の方が安い」というように、店舗によって価格が違います。当然、安い店舗にお客さんは集まります。

 

カードローンも業者によって利息が違うので、低金利なカードローンに利用者は集まるのです。

 

三井住友銀行はどう?

 

金利面から判断すると、三井住友銀行カードローンの実質年利は4.0%から14.5%なので、銀行カードローンの平均レベルです。

 

その点で判断すると、審査の厳しさは「中ランク」と言えます。

 

口コミサイトの評価では、中レベルから厳しいまでの範囲でコメントが集中していますね。金利面では中レベルですが、人気があるので高レベルになっているのかもしれません。

三井住友銀行カードローン審査に通る人は?

パソコンピンク

申込み条件を満たしているか?

 

三井住友銀行カードローンの審査に申し込むには、いくつかの要件があります。

 

まず、年齢制限が満20歳から満69歳までなので、ここに該当しなければ大富豪といえども審査に申し込むことができません。

 

次に「安定した収入があること」です。収入額の大小よりは、安定していることが重要視されるようです。

 

会社員は問題なくクリアですが、パートやアルバイトでも長期間継続して勤務していれば条件を満たすことができます。

 

逆に、定職に就いていないが競馬やパチンコで毎月100万円以上収入がある人がいたとしても、安定した収入とは判断されないケースが多いと思われます。

 

株取引で収入がある人も、同様であると推測されます。

 

年収は多いに越したことはない?

 

通常、カードローンを申し込む際には年収が多い方が有利です。

 

収入が多い人ほど返済能力が高いことは、誰が観ても明らかですからね。

 

しかし、年収が低い人でも希望限度額を低く申告するなどの対策を講じれば、審査のハードルが下がりますから通過する確率は上がります。

 

他社からの借入れ状況やローン残高は?

 

すでに他社のカードローンを利用している人、ローン残高が多い人は返済能力があっても余力が少ないので審査が不利になります。

 

たとえいくら年収があっても、返済負担率が大きいと審査落ちになることがあるということなので安心はできません。

 

申請者の借入れ状況は、審査の際に個人信用情報機関に照会をかければ判明してしまいますから、ごまかしきれるものではありません。

 

これらのマイナスポイントに該当しない人は審査をクリアできる可能性は高いので、三井住友銀行カードローンはお勧めです。

三井住友銀行カードローンのお申込みはこちら