セブン銀行カードローンの審査って甘いの?

セブン銀行カードローンに申し込む!

セブン銀行カードローン審査口コミ甘いは本当?

セブン銀行とは?知っているようで知らない?

コンビニATMの草分けともいえるセブン銀行のATM。

 

その前身はアイワイバンク銀行という商号だったため、クレジットカードなどにはその名前が残っています。

 

開業にあたっては、アイワイグループのメインバンクであった三和銀行が中心となって協力していました。

 

三和銀行は、のちに東海銀行や富士銀行などと数多くの銀行との合併を経て、現在の三菱東京UFJ銀行になっています。

 

そのため、セブン銀行と三菱東京UFJ銀行の親和性は高いようで、三菱東京UFJ銀行の入出金は手数料無料でセブン銀行ATMが利用できた時期もありました。

 

「三菱UFJフィナンシャルグループ」には消費者金融大手のアコムが属しており、その関係からかセブン銀行カードローンの保証業務もアコムが担当しています。

 

セブン銀行カードローンの概要

セブン銀行カードローンは、銀行カードローンの中ではかなりの小口融資となっています。

 

利用限度額は10万円、30万円、50万円の3種類から選択する方法で、最大限度額は50万円のようです。

 

借入利率は、年15%です。

 

とてもシンプルで分かりやすいカードローンとなっています。

 

セブン銀行カードローン利用対象者は?

セブン銀行カードローンに申し込むことができる人は、契約時の年齢が満20歳以上満70歳未満で、セブン銀行に個人口座を持っている人、保証会社(アコム株式会社)の保証が受けられる人という3点しかありません。

 

いわゆる「安定継続した収入がある人」という文面がないので、学生や専業主婦、失業中や無職、年金受給者で就労していない人でもOKということだと思います。

 

セブン銀行カードローンは審査が甘いと評判?

ネットの評判では、セブン銀行カードローンの審査は甘いという口コミが多いですね。

 

その理由として考えられるのは、利用限度額の低さだと思います。

 

最大利用限度額50万円という金額は、「学生ローンか?!」とツッコミを入れたくなるほどの少額!!

 

銀行カードローンの専業主婦枠クラスの金額です。

 

そこから判断すると、仮に返済不能になったとしても損害金額は50万円プラス金利程度で済むということで甘い審査になっていることが十分に考えられます。

 

通常、返済が遅れた時の「遅延損害金」が20%程度加算されるのですが、セブン銀行カードローンでは不要になっていることからも厳しさは感じられません。

 

セブン銀行カードローン申し込みには口座は必須

セブン銀行カードローンの申し込みは、ダイレクトバンキングサービスからのみとなっています。

 

ですから、セブン銀行に口座を開設してキャッシュカードを受け取り後、本人確認手続きを済ませなければ契約できません。

 

カードローンの利用に関しても、ダイレクトバンキングかセブン銀行ATMからの利用になります。


セブン銀行カードローンへのお申込みはこちら