ソニー銀行カードローンの審査は厳しい?

トップ画像
申し込み

ソニー銀行カードローン在籍確認方法は?

女性スマホ

ソニー銀行といえば

 

ソニーと言うと、日本を代表する家電メーカーですね。

 

何と言っても、ヘッドフォンステレオの先駆けである「ウォークマン」を開発したことで、世界的に有名な企業です。

 

そのソニーが新しい分野に進出したのが、テレビCMでお馴染みの「ソニー損保」やソニー銀行などです。

 

ソニー銀行は店舗を持たないネット銀行と呼ばれる新しい形態の銀行で、カードローン業務は一時中止されていましたが、現在ではリニューアルして再開しています。

 

ソニー銀行カードローンのスペックは?

 

何と言っても、注目すべきは業界最低水準の低金利!

 

年2.5%から年13.8%は驚異の数値です。

 

最大利用限度額は800万円、希望限度額が300万円までは年収証明書の提出が不要です。

 

又、ソニー銀行に口座を開設する必要がありますが、契約終了後にカードが郵送されてくる前に借り入れをしたい場合は、申込者本人名義の口座へ初回借入金額を振り込んでくれる「初回振込サービス」があるのもポイントです。

 

ソニー銀行カードローンの貸出対象者は?

 

ソニー銀行カードローンの審査はどうなのか?

 

気になるところですね。

 

貸出対象者は、満20歳以上65歳未満で安定した収入がある人となっています。

 

専業主婦でも配偶者に収入がある人は50万円まで借り入れることができます。

 

学生でも、本人に収入があれば申し込みは可能なので、門戸は広いカードローンだと言えます。

 

ソニー銀行カードローン審査は厳しい?甘い?!

 

ネット上には、「ソニー銀行はカードローンサービスを再開して間もないので、顧客獲得のために審査を甘くしている」という口コミがあります。

 

反面、仮審査と本審査があるので審査が厳しい、金利が安くて人気があるので申し込みが殺到しているから一層審査が厳しいという声もあります。

 

又、収入や職業などの属性が重要視されるという書き込みもあります。

 

いずれにせよ、ソニー銀行の審査を担当しているのが消費者金融大手のアコムですので、それなりにキリっとした審査になることは間違いないと思います。

 

ソニー銀行カードローン申し込みから借入まで

 

ソニー銀行のサイトにアクセスして、カードローンの申し込み画面から仮審査の申し込みをします。

 

仮審査申し込みから最短60分で登録したメールアドレスへ仮審査結果が送られてきます。

 

合格ならば、ソニー銀行の口座開設手続きへ移行します。

 

初回振込サービスを利用したい人は、この時に申請します。

 

次に勤務先への在籍確認、申し込みの意思確認の電話がかかってきます。

 

必要書類の提出はFAXか郵送になります。

 

本審査の結果は、最短翌日にメールで通知されます。

 

契約手続きが完了すれば、パソコンやスマホのサービスサイトから借り入れや返済ができるほか、テレフォンバンキングや提携ATMからも借り入れや返済が可能になります。

銀行カードローンおすすめはこちら!

トップ画像
申し込み