トップ画像
申し込み

京都銀行カードローン審査インターネット申し込み24時間可能!

カレンダー

京都銀行カードローンとは?

 

京都銀行は正式名称を「株式会社京都銀行」と言い、企業キャッチフレーズは「飾らない銀行」です。

 

京都府京都市下京区に本店を置き、京都府内を中心に営業している地方銀行ですが、総資産は地方銀行第7位を誇っています。

 

京都府以外では滋賀県、大阪府、奈良県、兵庫県、愛知県、東京都に支店や出張所を展開しています。

 

又、融資系列や親密な取引先には、任天堂や京セラ、グンゼ、村田製作所、佐川急便など全国的に有名な企業が数多く関わっています。

 

 

京都銀行カードローンの概要

 

京都銀行カードローンは「京銀カードローンW(ワイド)」と言います。

 

最大借入限度額は500万円で、借入限度額のタイプは30万円、50万円、100万円、300万円、500万円の5種類があります。

 

収入があれば申し込みは可能ですが、パート・アルバイトや派遣・契約社員の場合、借入限度額は30万円までと規定されています。

 

収入証明書は借入限度額100万円以上のタイプを申し込んだ場合に必要となります。

 

都市銀行で300万円超、地方銀行では500万円超の場合に必要になる銀行が多い中で、100万円超で収入証明書を求めるのは、ちょっと審査が厳しい可能性があるかもしれません。

 

借入利率は年3.975%から11.975%(変動金利)です。

 

変動金利ですから、半年に1回のペースで金利が見直しされることを念頭に置いておいてください。

 

 

京銀カードローンWの審査は甘い?厳しい?

 

利用対象条件は以下のような項目が設定されています。

 

1.申し込み時の年齢が満20歳以上満60歳以下

 

2.外国人は永住者か特別永住者に限定

 

3.安定かつ継続した収入が必要(学生、年金収入のみ、専業主婦などは不可)

 

4.現在、京都銀行カードローンの契約がない人(契約中の人は同時解約可)

 

5.京都クレジットサービスまたはオリックス・クレジット株式会社の保証が受けられる人

 

6.その他京都銀行所定の条件を満たしている人

 

かなり、細かく条件を設定していますね。

 

それだけ真面目な銀行といえると思います。

 

保証会社が信販系なことからも、審査基準のハードルが高いことが推測されます。

 

更に、金利が低いことも審査が厳しいと判断できる要因です。

 

ネットの情報でも、「審査の敷居が高めで審査に通りやすいとうことはない」と結論付しているサイトが多くみられます。

 

 

京都銀行カードローン申し込みから借り方まで

 

申し込み手続きはインターネットから24時間365日行うことができます。

 

ネットで仮申し込みをすると仮審査が開始され、審査結果は電話か郵送で知らされてきます。

 

合格していれば、本申し込みとなり契約手続きとなります。

 

その後、ローンカードが郵送されてきて利用可能となります。

 

書類やカードのやり取りは郵送な上、ローン契約機がなく、土日祝日の対応がないので、即日借入れは不可能ですね。

 

トータルで1週間から10日程度は時間に余裕をみておかなければ、失敗してしますよ。

トップ画像
申し込み