紀陽銀行カードローンの審査は甘い?

トップ画像
申し込み

紀陽銀行カードローン審査厳しい?金利高い口コミは?

パソコン女性

紀陽銀行カードローンとは?

 

紀陽銀行は和歌山県和歌山市に本店を置く、和歌山県唯一の地方銀行です。

 

1895年(明治28年)に紀陽貯蓄銀行として設立され、1922年(大正11年)に株式会社紀陽銀行に改名して普通銀行に転換した歴史ある銀行です。

 

和歌山県以外にも大阪府、奈良県や東京都にも営業所を出店しています。

 

 

紀陽銀行カードローンの概要

 

インターネットで紀陽銀行カードローンのページへアクセスすると、スッキリと分かりやすく整理されたページ構成に感動します。

 

最大利用限度額は800万円、金利は年3.8%から14.9%(変動金利・保証料込)です。

 

一般的な限度額ですが、最高金利14.9%というのは銀行カードローンでは少々高めな印象を受けますね。

 

借入限度額は、10万円、30万円、50万円、70万円、100万円、100万円から500万円までは50万円刻み、500万円以上は100万円刻みになっています。

 

 

紀陽銀行カードローン申し込み条件は?

 

申し込み時の年齢が満20歳以上65歳未満で住居または勤務先の所在地が紀陽銀行の営業エリア内(東京支店を除く)の人という制限があります。

 

更に安定した収入があること(配偶者に安定した収入がある専業主婦やパート、アルバイトは30万円以内なら申し込み可)が条件に加わります。

 

又、紀陽銀行の総合総座とキャッシュカードを保有していて、同行の無担保カードローンを利用していないことも条件となります。

 

 

紀陽銀行カードローン審査は甘い?厳しい?

 

紀陽銀行カードローンの審査は「阪和信用保証」と「オリエントコーポレーション」の2社が担当しています。

 

2社の審査に通らなければならないのではなく、どちらかに合格すれば良いので承認される確率は大きくなります。

 

反面、この2社は両方ともに信販系の企業という点が不安材料です。

 

信販系の保証審査は消費者金融系の保証会社よりも審査が厳しいというのが一般論なので、アコムやプロミスが保証業務を担当する銀行カードローンよりも審査が厳しいことが予想されます。

 

 

紀陽銀行カードローン申し込みから契約まで

 

電話での申し込みは平日の9:00から21:00、土日祝日は6:00から17:00(年末年始の銀行窓口休業日を除く)に携帯電話でも地用可能なフリーダイヤルで受け付けしています。

 

FAXでの申し込みは、パソコンで「申込書」と「個人情報の取り扱いに関する同意条項」(PDFファイル)をプリントアウトして必要事項を記入の上、送信します。

 

パソコンやスマートフォンからの申し込みも可能です。

 

スマートフォンからの申し込みは、パソコン画面に表示されたQRコードを読み込ませれば簡単です。

 

契約までの流れは以下のようになっています。

 

1.仮審査申し込み

 

2.申込確認の電話連絡

 

3.仮審査結果の電話連絡

 

4.正式な契約・ローン実行

 

契約に関しては、「正式申込書」が郵送されてきます。

 

必要事項を記入し本人確認資料と健康保険証の写しを同封して返送します。

 

 

紀陽銀行カードローン実行

 

紀陽銀行カードローンはキャッシュカードにローンカード機能を追加するので、カードが送られてくることはありません。

 

しかし、審査合格後の書類のやりとりが郵送なので、カードローンが利用できるまでに時間がかかるのがデメリットです。

 

「契約のしおり」の到着後、紀陽銀行のキャッシュカードで銀行やコンビニなどの提携ATMからカードローンの利用が可能になります。

トップ画像
申し込み