伊予銀行カードローンの審査は甘い?

トップ画像
申し込み

伊予銀行カードローン審査に通るには【パート・アルバイトは】

スマホ

伊予銀行カードローンとは?

 

伊予銀行は愛媛県松山市に本店を置く地方銀行で、正式名称は「株式会社伊予銀行」、愛称は「いよぎん」と呼ばれています。

 

愛媛県以外にも広島県、岡山県、香川県に店舗を置き、これらの地域を「準地元」と位置付けて地域密着型の地方銀行として営業をしています。

 

 

伊予銀行カードローンの概要

 

最近の地方銀行はイメージキャラクターに力を入れているのか、ホームページにアクセスすると、いきなり芸能人がお出迎えというパターンに出くわすことが度々あります。

 

伊予銀行の場合は、お笑いタレントの「友近さん」でした。

 

さて、気になるカードローンの内容ですが、金利は年4.5%から14.5%、利用限度額は10万円以上500万円以内(10万円単位)です。

 

又、収入証明書が不要な点が大きなポイントです。

 

最大限度額が500万円なので、実質500万円以下は収入証明書が不要ということになります。

 

都市銀行よりも地方銀行の審査基準が甘いのでしょうか?

 

伊予銀行以外にも、阿波銀行などの地方銀行で「最高限度額500万円、収入証明書不要」というカードローンを見かけますね。

 

 

伊予銀行カードローンに申し込める人は?

 

年齢は満20歳以上満60歳未満で「アコム(株)」の保証が受けられる方というのが条件です。

 

よくありがちな「安定した収入」に関する記載はありません。

 

主婦やアルバイトでも気軽に利用できるのがオススメポイントだそうです。

 

 

伊予銀行カードローンの審査は甘い?!

 

伊予銀行カードローンには「新スピードカードローン」「さっとカードローン」「ほっとカードローン」の3種類ありますが、ここでご紹介するのは「新スピードカードローン」です。

 

先ほども触れましたが、新スピードカードローンを審査する保証会社は消費者金融大手のアコムです。

 

アコムと言えば、スピード審査と審査の通過率の高さに定評があります。

 

皆さんが良くご存じの三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の保証業務もアコムが担当しています。

 

利用限度額や適用金利など、新スピードカードローンのスペックはバンクイックと共通する部分が多いので、審査基準もバンクイックと同様と推測されます。

 

いよぎん新スピードカードローンのトップページには、アコムやバンクイックと同様に「お試し3秒診断」のバナーがあります。

 

このことからも、審査システムはアコムやバンクイックと同様であると思われます。

 

 

 

伊予銀行カードローン申し込みから借り方は?

 

新スピードカードローンの申し込みはインターネットや電話で行うことができます。

 

いよぎんに口座がなくても利用することができるので、ホームページからの申し込みは「口座あり(返済用口座あり方式)」と「口座なし(返済用口座なし方式)」のいずれかを選択して手続きを進めていきます。

 

申し込み後は審査が開始され、電話にて審査結果が連絡されてきます。

 

審査に合格していればローンカードが郵送されてきますが、返済用口座を設定している人には即日振込融資の利用も可能です。

 

カードが到着すれば、同行ATMの他に提携コンビニATMや提携銀行ATMから借り入れと返済ができます。

トップ画像
申し込み